リフォーム・小さな設備交換

リフォームの種類

介護保険×住宅改修工事

介護保険制度で住宅改修に9割の補助があります!※

介護保険制度では「要支援」または「要介護1~5」と認定された在宅の方で、住宅改修が必要な人に対し、一生涯で20万円までの介護改修について、1割の自己負担でリフォームすることができます。
また介護保険制度とは別に、各市町村で高齢者向けや、障がい者向けに住宅改修に助成金を支給する自治体もあります。制度について詳しくご説明しますので、お気軽にランドメンテナンスまでご相談ください。

※条件がございます。詳細はお住まいの市町村の介護保険住宅改修のページをご参照ください。

その1 手すり取り付け

手すり取り付け
手すり取り付けは介護保険利用の住宅改修でとても多い内容です。 手すりの取り付け位置は非常に重要です。利用する方の背丈や生活動線で取り付け位置が決まります。
手すり取り付けをご検討中の方は、ランドメンテナンスにご連絡くださいませ。

その2 段差解消(バリアフリー)

段差解消(バリアフリー)
車椅子での生活となった場合、問題となるのは段差です。
段差があることで車椅子の移動が億劫になり、ストレスの原因になります。また介護者の身体的負担もとても大きくなります。
段差解消することで、車椅子の生活を少しでも快適にすることができます。ランドメンテナンスでは、適切な段差解消住宅改修を実施しております。

その3 床材変更 

床材変更 
スリップによる転倒は非常に危険です。
スリップ防止にもっとも効果的なのは滑りにくい床にすることです。床材変更で、起こりうる事故を未然に防ぐことができます。 また、車椅子での生活に畳は不向きなので、フローリングなどの床に変更することをお勧めします。

その4 扉の取り替え

扉の取り替え
開き戸は車椅子などでは非常に使いづらく面倒です。
車椅子には一般的に引き戸が向いてます。
また、ドアノブや取手も握りやすく操作しやすい大きなタイプが理想です。ランドメンテナンスでは、お客様にとって最適なドアをご提案させていただきます。

その5 トイレ取り替え

トイレ取り替え
体が不自由になると、トイレはとても大変です。特に和式トイレのしゃがむ姿勢は体に大きな負担があります。
和式トイレは早急に洋式トイレへ住宅改修が必要ですし、手すり取り付けやトイレ入口の間口、トイレのドアなどもトータルで検討する必要があります。

その6 その他リフォーム

その他リフォーム
ランドメンテナンスでは、介護保険を使わないリフォームももちろん承っております。 お住まいの住宅改修をご検討中のお客様は、お気軽にランドメンテナンスにご相談くださいませ。

ページの先頭へ

土日祝も対応可能 お急ぎの方はお電話でお問い合わせください フリーダイヤル0120-282-530

  • リフォーム・設備交換の無料相談・お問い合わせはこちら
  • リフォーム・設備交換のスピード見積りはこちら

Copyright © LAND MAINTENANCE Co.Ltd. All Right Reserved.